笑顔のために顔付き筋を鍛えよう♪

笑うとシワになってしまう・・・
そんなに思っている人様は、そこそこ多いのではないでしょうか。
正しく、笑うといったシワができますが
面構え筋がやわらかいといった、シワが残り辛いのです。

こういう面構え筋は、目線・口・鼻などを動かして
文字どおり外見の面構えをつくる筋肉のことをいいます。

本当は、外見には30多種以上の筋肉があるのですが
生活で使っているのは、たった30%だとか。
何となく、もったいない話ですね。

笑うことは、体の耐性進展にもなりますが
コミュニケーションを潤滑にするためにも肝だ。
どうしても、ムスッとした恐ろしい外見でおるから
清涼な笑顔でいると、周辺も明るくなります。

そのためにも、面構え筋の勤めをよくする
進歩を積み重ねることをお勧めします。

こういう進歩では、
目線のまわりの「まぶた輪筋」、唇のまわりの「口輪筋」
そうして、口角を褒めちぎるための「頬筋」を鍛えます。

もちろん、ジェネレーションを捉えさせ易い双方あご軽減のために
唇の下から顎にわたっての「頤筋」も鍛えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です